採用情報|堺市立重症心身障害者(児)支援センター ベルデさかい【医療・介護・福祉・保育biz】 | 全国トップへ

<生活支援スタッフ>福利厚生が充実◇資格取得を目指しながら働けるお仕事◎

堺市立重症心身障害者(児)支援センター ベルデさかい オススメ
堺市立重症心身障害者(児)支援センター ベルデさかい
介護職員
職種 経験不問、無資格でも歓迎の生活支援員/生活支援スタッフ
給与 月給:183,332円~207,332円+各種手当あり

■社会保険制度あり
■再雇用制度あり
■退職金あり
■メンタルヘルスケア制度あり
■資格取得支援制度あり
■内部研修制度あり
■親睦会
■その他
雇用形態 正社員
勤務地 大阪府堺市堺区旭ヶ丘中町4丁目3番1号
アクセス 堺市立健康福祉プラザ内 JR阪和線「百舌鳥」「上野芝」駅より徒歩15分
オススメの求人 未経験歓迎 経験者優遇 無資格OK 研修制度有り 資格取得支援あり 車・バイク通勤OK 交通費支給 社会保険制度あり 賞与あり
堺市立重症心身障害者(児)支援センター ベルデさかい
堺市立重症心身障害者(児)支援センター ベルデさかい
堺市立重症心身障害者(児)支援センター ベルデさかい

おすすめポイント、仕事内容について


■社会保険制度あり
■再雇用制度あり
■退職金あり
■メンタルヘルスケア制度あり
■資格取得支援制度あり
■内部研修制度あり
■親睦会
■その他


堺市堺区の重症心身障害者(児)支援センターで正社員の
生活支援スタッフを募集中です♪

入所定員50名、短期入所定員10名、通所定員20名の施設です。
重症心身障がい児(者)の方々の施設での介護と療育の
生活支援をお任せします◎

経験不問・無資格OKのお仕事ですので、やってみたいという
前向きな気持ちさえあれば、私たちがサポートいたします!

福利厚生バッチリの環境◎

資格取得制度、看護師養成校就学奨励制度、
フレッシュアップ休暇などといった
福利厚生が充実しております♪

交通費支給、マイカー通勤も可能です◎
勤務時間は日勤のみで夜勤はありません。

資格取得を目指しながら介護業界で働きたい方は
ぜひこの機会を活かして下さい!

ぜひ、あなたのご応募をお待ちしております♪

諸手当の詳細

特殊業務手当:10,000円
給与改善手当:3,256円
介護報酬手当:4,000円~28,000円
地域調整手当:3,256円
夜勤手当:4,500円/回
住居手当:1,600円~40,000円
介護キャリア手当:0円~2,000円
年末年始手当

などなど、賞与だけでなく様々な待遇面で
あなたの頑張りに応えていきます◎

募集要項

職種詳細 経験不問、無資格でも歓迎の生活支援員/生活支援スタッフ
給与 月給:183,332円~207,332円+各種手当あり

■社会保険制度あり
■再雇用制度あり
■退職金あり
■メンタルヘルスケア制度あり
■資格取得支援制度あり
■内部研修制度あり
■親睦会
■その他
業務エリア 大阪府堺市堺区
雇用形態 正社員
資格 介護・無資格
※無資格OK
※未経験OK
時間 (1)07:00~16:00 (2)09:00~18:00 (3)10:00~19:00
待遇 社会保険制度あり、再雇用制度あり、退職金あり、メンタルヘルスケア制度あり、資格取得支援制度あり、内部研修制度あり、親睦会、その他
休日 4週8休、週休2日 有給休暇、育児休暇、リフレッシュ休暇、その他 ※月8~9日の公休
地図を見る
今すぐ電話で応募する
072-275-8510
※一切の営業電話をお断りします。
メールで応募する 応募フォームへ

応募フォーム

お名前 (必須)
性別 (必須)
年齢 (必須)
お住いの都道府県
電話番号 (必須)
メールアドレス (必須)
その他、ご質問等

1000文字まで(改行は1文字です)

利用規約に同意のもと、応募を行ってください。

その他の募集職種

堺市立重症心身障害者(児)支援センター ベルデさかい

<調理スタッフ>年間107日休み!直営キッチンならではの食事作りが経験できます◎

堺市立重症心身障害者(児)支援センター ベルデさかい オススメ
大阪府 栄養士/管理栄養士/調理師
オススメの求人 未経験歓迎 経験者優遇 無資格OK 研修制度有り 新卒・第二新卒歓迎 資格取得支援あり 車・バイク通勤OK 交通費支給 社会保険制度あり 昇給あり 賞与あり 家賃補助(住宅手当)あり
給与:月給17万6076円+各種手当あり ※一律手当含む

■昇給・賞与
■各種保険完備
■交通費支給(4万8000円まで/月)
■退職金
■住居手当
■研修制度
■資格取得支援制度
■車・バイク・自転車通勤可
雇用形態:正社員、アルバイト・パート
勤務地:大阪府堺市堺区旭ヶ丘中町4丁目3番1号
ページTOPに戻る