川崎市麻生区(神奈川(横浜市以外))の総合病院・クリニック 求人情報(正社員・アルバイト)一覧|医療・介護・福祉・保育biz | 全国トップへ

全国の医療・介護・福祉・保育 求人情報

0
【検索条件】
施設:総合病院・クリニック

該当求人情報は見つかりませんでした。

神奈川県川崎市麻生区のエリア情報

麻生(あさお)区の紹介。川崎市の西北端にあり、多摩丘陵上の一部である。区は全体的に標高が高く、川崎市で最も標高が高い地点はのは麻生区内にある。区を西に流れる麻生川沿岸は標高が低くなっている。1982年に多摩区から分区して誕生した。川崎市が南北に長いため、行政・商業の中心である川崎区との距離が最も離れているため、市役所等への移動は不便で東京都庁などのある新宿へ行くほうが便が良い。そのため、区の中央を開拓して税務署や区役所、百貨店や映画館などの商業施設も充実し、近代都市として開発が進められている。商業の中心は、新百合ヶ丘駅や柿生駅付近、小田急線小田原線と並走する世田谷町田線沿いなどに大中規模の商業地区がある。南部には日本最古の甘柿の品種である禅寺丸柿が発見された王禅寺地区があり、「柿生」の名前の由来になっている。近年では、音楽や芸術の街としての発展に力を入れており、「昭和音楽大学」や「KAWASAKIしんゆり映画祭」が開催されている。

総合病院・クリニックとは

総合病院とは、2つ以上の診療科があり、かつ病床が20以上ある医療機関のことです。対してクリニック、医院、診療所は法律上の分類上すべて「診療所」の位置づけとなり、病床は19以下の医療機関のことを言います。総合病院は受け入れられる患者数が多いため、スタッフも大勢勤務しているところが特徴的です。そのため分業制で仕事が行われることが多いです。一方、診療所はスタッフも少数で、マルチに仕事をしている方が多いです。初診や普段の診察などは地域の診療所の「かかりつけ医」と呼ばれるような医者に診てもらい、総合病院での治療のほうが適切だとされた場合には紹介状を書いてもらい、総合病院での診察へ進むという流れが一般的です。総合病院の中には、「救急指定病院」「回復期リハビリテーション病棟」など、より詳細な指定区分があります。診療所での診察で適切な診断を得たのちに、自分の病状に合った総合病院を紹介してもらうことがスムーズな治療に効果的だという考え方が広まっています。

ページTOPに戻る