川崎市多摩区(神奈川(横浜市以外))の医療・介護・福祉・保育業界 求人情報(正社員・アルバイト)一覧|医療・介護・福祉・保育biz | 全国トップへ

全国の医療・介護・福祉・保育 求人情報

0
【検索条件】

該当求人情報は見つかりませんでした。

神奈川県川崎市多摩区のエリア情報

多摩区は、1972年4月に川崎市が政令指定都市になったことに伴って、誕生した区である。1982年に北西部が麻生区に区分されて、現在の形になっている。川崎市の北に位置しており、新宿、渋谷、秋葉原や丸の内などの都心との交通の繋がりが発達しているために、川崎中心部との商業面での繋がりは薄い。区の北部は、多摩川を境にして東京都と接している。南には多摩丘陵があり、生田緑地が広がっている。昔から「多摩川梨」の栽培で知られる農村地帯であったが、都心との交通面での近さから大規模な宅地開発が進んだ。「多摩川梨」はかつて「稲城梨」として東京市場の名産品として有名で、1932年に現在の「多摩川梨」に名称変更した。1980年代までは「梨もぎ取り園」なども多く、観光客が訪れていた。しかし、現在は生産農家が減ったことにより、路上販売がほとんどである。区内には大学が多く、専修大学、明治大学や日本女子大学のキャンパスがあり、学生が集う若者の街が形成している。観光スポットとしては、約117haの広大な生田緑地やその緑地内に岡本太郎の作品が集められた「岡本太郎美術館」や「かわさき宇と緑の科学館」などがあり、近くには「藤子・F・不二雄ミュージアム」などもある。

ページTOPに戻る