那須烏山市(栃木)の総合病院・クリニック 企業情報一覧|医療・介護・福祉・保育biz | 全国トップへ

全国の医療・介護・福祉・保育 企業情報

0
【検索条件】
施設:総合病院・クリニック

該当企業は見つかりませんでした。

栃木県那須烏山市のエリア情報

那須烏山市は、栃木県の東部に位置している市です。県内ではさくら市や那須郡、塩谷郡、芳賀郡と接しています。また、東側は茨城県の常陸大宮市と接していて、県境となっています。八溝山地の西の麓に位置していて、那珂川や荒川といった清らかな河川が流れる自然豊かな地域となっています。農業も行われており、中山かぼちゃが特産品として栽培されています。またい、那須烏山市で有名なのが、八雲神社の奉納行事「山あげ祭」です。この祭りは、市街地に仮設の舞台を作って歌舞伎を奉納することで知られています。毎年7月に行われ、高さ10メートル以上、奥行き100メートルの舞台装置を毎回手作業で組み立てます。町中を巡行するため、舞台装置を組み立てては解体する、といった作業が何度も繰り返されます。その姿も圧巻で、山あげ祭は国の重要無形民俗文化財にも登録されています。市内には、JR烏山線の鴻野山駅、大金駅、小塙駅、滝駅、烏山駅があります。

総合病院・クリニックとは

総合病院とは、2つ以上の診療科があり、かつ病床が20以上ある医療機関のことです。対してクリニック、医院、診療所は法律上の分類上すべて「診療所」の位置づけとなり、病床は19以下の医療機関のことを言います。総合病院は受け入れられる患者数が多いため、スタッフも大勢勤務しているところが特徴的です。そのため分業制で仕事が行われることが多いです。一方、診療所はスタッフも少数で、マルチに仕事をしている方が多いです。初診や普段の診察などは地域の診療所の「かかりつけ医」と呼ばれるような医者に診てもらい、総合病院での治療のほうが適切だとされた場合には紹介状を書いてもらい、総合病院での診察へ進むという流れが一般的です。総合病院の中には、「救急指定病院」「回復期リハビリテーション病棟」など、より詳細な指定区分があります。診療所での診察で適切な診断を得たのちに、自分の病状に合った総合病院を紹介してもらうことがスムーズな治療に効果的だという考え方が広まっています。

ページTOPに戻る