新居浜市(愛媛)の総合病院・クリニック 求人情報(正社員・アルバイト)一覧|医療・介護・福祉・保育biz | 全国トップへ

全国の医療・介護・福祉・保育 求人情報

0
【検索条件】
施設:総合病院・クリニック

該当求人情報は見つかりませんでした。

愛媛県新居浜市のエリア情報

新居浜市(にいはまし)の紹介。
四国の中北部に位置しており、愛媛県の東予地方に属する市です。北部は瀬戸内海に面しており、東側は四国中央市、西側は西条市、南は四国山地を隔てて高知県と接しています。市域の北半分は新居浜平野が広がっており、市街地が形成されています。東予地域で最も人口密度が高く、東予地方の中心都市のひとつです。瀬戸内海式気候で温暖・少雨が特徴の気候です。夏は気温が高く、全国で一番暑くなることもしばしばあります。江戸時代に住友家によって発見された別子銅山を中心に開発が進められ、産業機械、化学工業、非鉄金属など住友グループの各社が生まれ、それらを中心に工業都市として発展してきました。現在でも住友グループの企業城下町として知られており、「工都・新居浜」と言われています。市の中心商店街は、川西地区にある昭和通り、登道、銀泉街などがあります。市内にはJR四国予讃線の多喜浜駅、新居浜駅、中萩駅といった鉄道駅が置かれており、市の中心駅は新居浜駅となっており、近年は再開発により商業施設やマンションなどが増えてきています。市内の主な観光名所や旧跡は、国の重要文化財である旧広瀬邸や住友化学の前身の住友総本店直営肥料製造所が設立されてから現在に至るまでの資料を展示している住友化学愛媛工場歴史資料館などがある別子銅山の産業遺産群の数々や景勝地として知られている国領川上流部の渓谷の別子ラインや同じく国の名勝である広瀬公園などがあります。市の総人口数は2020年時点で116,314人です。

総合病院・クリニックとは

総合病院とは、2つ以上の診療科があり、かつ病床が20以上ある医療機関のことです。対してクリニック、医院、診療所は法律上の分類上すべて「診療所」の位置づけとなり、病床は19以下の医療機関のことを言います。総合病院は受け入れられる患者数が多いため、スタッフも大勢勤務しているところが特徴的です。そのため分業制で仕事が行われることが多いです。一方、診療所はスタッフも少数で、マルチに仕事をしている方が多いです。初診や普段の診察などは地域の診療所の「かかりつけ医」と呼ばれるような医者に診てもらい、総合病院での治療のほうが適切だとされた場合には紹介状を書いてもらい、総合病院での診察へ進むという流れが一般的です。総合病院の中には、「救急指定病院」「回復期リハビリテーション病棟」など、より詳細な指定区分があります。診療所での診察で適切な診断を得たのちに、自分の病状に合った総合病院を紹介してもらうことがスムーズな治療に効果的だという考え方が広まっています。

ページTOPに戻る