川崎市中原区(神奈川(横浜市以外))の医療・介護・福祉・保育業界 求人情報(正社員・アルバイト)一覧|医療・介護・福祉・保育biz | 全国トップへ

全国の医療・介護・福祉・保育 求人情報

0
【検索条件】

該当求人情報は見つかりませんでした。

神奈川県川崎市中原区のエリア情報

中原区の紹介。
川崎市のほぼ中央に位置している。区の北東を多摩川が流れており、東京都と接している。西南は矢上川が流れている。全体として平坦な地形だが横浜市に隣接する井手地区や高津区などは丘陵地帯になっている。歴史的には東京の影響を多く受けながら交通、商業、産業生活環境が発展してきた区である。1940年代に丸子橋が造設され、横浜や東京、川崎南部地域の郊外型住宅地として都市化が進むにつれて商業地となり、合わせて都心に本社を持つ企業を中心に生産部門が進出ししたことで現在の中原区の骨格が形成されてきた。また、近年は産業構造の転換を目的とした企業が武蔵小杉駅や武蔵中原駅、向河原駅で研究・開発部門などの都市型産業を立地し始めている。交通面で横浜市や東京都心と近いこともあり、人口・世帯数が川崎市内7区の中で最多である。また、Jリーグの川崎フロンターレの本拠地スタジアムである等々力陸上競技場や川崎市民ミュージアムがある等々力緑地も有名である。また、パンジー生産量は国内でも有数であり、下小田中地区では品質の高いパンジーが生産されている。1998年には「区の花」としてパンジーが認定された。

ページTOPに戻る