山陽小野田市(山口)の総合病院・クリニック 企業情報一覧|医療・介護・福祉・保育biz | 全国トップへ

全国の医療・介護・福祉・保育 企業情報

0
【検索条件】
施設:総合病院・クリニック

該当企業は見つかりませんでした。

山口県山陽小野田市のエリア情報

山陽小野田市(さんようおのだし)の紹介。
山口県の南西部あり、市域は南北に長い形をしており瀬戸内海側に開けた扇状の市域になっています。厚狭川が北側から市の中央部を通り、北東から有帆側が市の東部を通り、それぞれ瀬戸内海に流れています。市役所は有帆川の西側の河口部に置かれています。瀬戸内海側気候に属していますが日本海からも近いため、冬季は曇りや雨が多く気候的には二面性を持っています。セメントを中心とした化学工業や製油を中心とした工業が盛んな地域です。昔から工業との密接な関係があったこともあり、市内には「セメント町」や「硫酸町」などの町名が残っています。水産業では、高泊漁港や刈屋漁港、埴生漁港などを有しており、漁業も栄えています。市内に置かれている鉄道駅は、JR西日本山陽新幹線の厚狭駅。山陽本線の小野田駅、厚狭駅、埴生駅。小野田線の雀田駅、小野田港駅、南小野田駅、南中川駅、目出駅、小野田駅。小野田線本山支線の雀田駅、浜河内駅、長門本山駅。美祢線厚狭駅、湯ノ峠駅が置かれています。市の中心駅は、小野田駅となっています。市の総人口数は2020年時点で、60,637人です。

総合病院・クリニックとは

総合病院とは、2つ以上の診療科があり、かつ病床が20以上ある医療機関のことです。対してクリニック、医院、診療所は法律上の分類上すべて「診療所」の位置づけとなり、病床は19以下の医療機関のことを言います。総合病院は受け入れられる患者数が多いため、スタッフも大勢勤務しているところが特徴的です。そのため分業制で仕事が行われることが多いです。一方、診療所はスタッフも少数で、マルチに仕事をしている方が多いです。初診や普段の診察などは地域の診療所の「かかりつけ医」と呼ばれるような医者に診てもらい、総合病院での治療のほうが適切だとされた場合には紹介状を書いてもらい、総合病院での診察へ進むという流れが一般的です。総合病院の中には、「救急指定病院」「回復期リハビリテーション病棟」など、より詳細な指定区分があります。診療所での診察で適切な診断を得たのちに、自分の病状に合った総合病院を紹介してもらうことがスムーズな治療に効果的だという考え方が広まっています。

ページTOPに戻る