関西の医療・介護・福祉・保育業界専門の求人・転職情報サイト | 全国トップへ

お仕事を依頼しよう! 施設検索
あなたにピッタリの、求人を見つけよう! 求人情報検索
エリア
施設
特徴
エリア
職種
施設
雇用形態
求人こだわり

医療・介護・福祉・保育bizとは?

医療・介護・福祉・保育bizは、医療・介護・福祉・保育の4つの専門業種に特化した求人情報ポータルサイトです。
日本全国の求人情報を、カンタンに、あなたに合わせた条件で検索することができます。これらの業界は、資格や経験がなくてもスタートできたり、勤務時間の融通が利いたりと、勤務環境が改善されてきており、その需要も増加し続けています。医療・介護・福祉・保育のお仕事は、専門求人サイトの“医療・介護・福祉・保育biz”にてご希望の求人情報をお探しください。

社会福祉士のオススメ求人情報

ユアスマイル株式会社
大阪市

ユアスマイル株式会社

ヘルパー 介護職員 生活相談員 施設長 サービス提供責任者 社会福祉士 介護福祉士
ユアスマイル株式会社
大阪市

ユアスマイル株式会社

介護職員 生活相談員 施設長 サービス提供責任者 サービス管理責任者/管理者 社会福祉士 介護福祉士 児童発達支援管理責任者
やまき・あべの苑
大阪市

やまき・あべの苑

看護師・准看護師 看護助手 ヘルパー 介護職員 生活相談員 施設長 サービス提供責任者 社会福祉士 介護福祉士 生活支援員 職業指導員/就労支援員
クオレ此花
大阪市

クオレ此花

ヘルパー 介護職員 生活相談員 施設長 サービス提供責任者 社会福祉士 介護福祉士 生活支援員 職業指導員/就労支援員
高齢者タワー やかた
大阪市

高齢者タワー やかた

ヘルパー 介護職員 生活相談員 ケアマネージャー 施設長 サービス提供責任者 サービス管理責任者/管理者 相談支援専門員 社会福祉士 介護福祉士 生活支援員 職業指導員/就労支援員 児童発達支援管理責任者
放課後等デイサービス 虹いろデイ みずいろホーム
大阪府(大阪市以外)

放課後等デイサービス 虹いろデイ みずいろホーム

介護職員 社会福祉士 作業療法士(OT) 理学療法士(PT) 言語聴覚士(ST) 保育士 児童指導員
ぷらす整骨院
大阪市

ぷらす整骨院

介護職員 施設長 サービス提供責任者 サービス管理責任者/管理者 社会福祉士 介護福祉士 柔道整復師 あん摩マッサージ指圧師 鍼灸師 セラピスト 児童発達支援管理責任者
放課後等デイサービスSUNNY
大阪市

放課後等デイサービスSUNNY

介護職員 生活相談員 施設長 サービス提供責任者 サービス管理責任者/管理者 社会福祉士 介護福祉士 作業療法士(OT) 理学療法士(PT) 言語聴覚士(ST) セラピスト 保育士 保育補助 幼稚園教諭 児童発達支援管理責任者
有料老人ホームみさき西三国
大阪市

有料老人ホームみさき西三国

ヘルパー 介護職員 生活相談員 ケアマネージャー 施設長 サービス提供責任者 サービス管理責任者/管理者 相談支援専門員 社会福祉士 介護福祉士 生活支援員 職業指導員/就労支援員 介護その他 児童発達支援管理責任者
わくわくエジソン ふくしま鷺洲教室
大阪市

わくわくエジソン ふくしま鷺洲教室

ヘルパー 介護職員 生活相談員 施設長 サービス提供責任者 社会福祉士 介護福祉士 生活支援員 職業指導員/就労支援員 介護その他

社会福祉士の新着情報

医療・福祉業界は、急成長している業界の1つ

今後もますます高齢社会が進んでいくため、将来的にも安定して成長していく業界であるとされています。また、この兆候は日本だけではありません。先進国を中心として世界全体で高齢化が進んでいくことが予測されています。さまざまな企業が、需要の伸びそうな分野に目を向けて事業に参入しようとしているなど、今後目が離せない業界だと言えるでしょう。

業界の需要拡大により勤務環境の改善も進んでいる

医療・介護・福祉・保育といった業種は、専門性があり、資格や経験が必要だと思われていることが多いお仕事です。しかし、現在では業界の市場拡大により、未経験者や資格を所持していない方でも、募集している求人案件も増加の傾向にあります。このような背景があり、働く人がより快適かつ柔軟に働ける仕組みが整ってきた今、業界にチャレンジしようと考えている方・関心のある方にとっては、大きなチャンスのタイミングだと言えるのではないでしょうか。

高齢化社会による2025年の問題

特に、介護福祉業界の成長、市場拡大についてはさまざまな方面から熱い視線が向けられています。市場規模としては2020年には約2兆8000億円になると予測されていることや、2025年の介護給付金は21兆円に達するなど、潜在的な市場規模は広がる一方といわれています。
さらに、2025年に向けた介護人材にかかる需給推計を見ると、約38万人の人材不足に陥ることが予想されています。そして、その確保が事業の継続や成長に影響を与えると考えられているほど、人材が必要とされている状況にあります。
また、医療現場に関しても、高齢化の進展や新興国での医療の需要が拡大しており、ロボット技術、再生医療、ITといった先進的な技術を応用した医療機器・サービスやシステムの開発が進んでいることで、医療・介護の現場は今後もより注目されていく業界だと考えられています。

ページTOPに戻る