津久見市(大分)の総合病院・クリニック 企業情報一覧|医療・介護・福祉・保育biz | 全国トップへ

全国の医療・介護・福祉・保育 企業情報

3
【検索条件】
施設:総合病院・クリニック
医療法人椿会大石医院

医療法人椿会大石医院

大分 総合病院・クリニック
住所:大分県津久見市上宮本町22-14
会社から:
一般社団法人津久見市医師会立津久見中央病院

一般社団法人津久見市医師会立津久見中央病院

大分 総合病院・クリニック
住所:大分県津久見市大字千怒6011番地
会社から:
医療法人一貫軒

医療法人一貫軒

大分 総合病院・クリニック
住所:大分県津久見市徳浦本町3番33号
会社から:
Previous Next

3件中、1~3件目を表示中

大分県津久見市のエリア情報

津久見市は、大分県の南東部に位置している市です。佐伯市と臼杵市に隣接してます。また、頭部は豊後水道に面していて、津久見湾を囲むようなかたちをしています。また、豊後水道にうかんでいる、保戸島、地無垢島、沖無垢島をも津久見市の一部となっています。保戸島は、マグロの遠洋漁業の基地としても知られていて、海岸に迫る角度の急な坂道にコンクリート造りの集落が隙間なく建ち並んでいます。その景観は、まるで地中海を思わせます。そのため未来に残したい漁業漁村の歴史文化財百選にも選ばれています。また、市の西部では石灰石が採掘される鉱山が複数点在しています。港も充実しているため、市内ではセメント工業が発達しています。市内には、うみたま体験パーク「つくみイルカ島」と呼ばれる体験型施設があります。イルカやアザラシが飼育されていて、ショーや餌やりなどの体験をすることができます。市内には、JR日豊本線尾津久見駅、日代駅があるほか、東九州自動車道に乗り入れることのできる津久見ICがあります。

総合病院・クリニックとは

総合病院とは、2つ以上の診療科があり、かつ病床が20以上ある医療機関のことです。対してクリニック、医院、診療所は法律上の分類上すべて「診療所」の位置づけとなり、病床は19以下の医療機関のことを言います。総合病院は受け入れられる患者数が多いため、スタッフも大勢勤務しているところが特徴的です。そのため分業制で仕事が行われることが多いです。一方、診療所はスタッフも少数で、マルチに仕事をしている方が多いです。初診や普段の診察などは地域の診療所の「かかりつけ医」と呼ばれるような医者に診てもらい、総合病院での治療のほうが適切だとされた場合には紹介状を書いてもらい、総合病院での診察へ進むという流れが一般的です。総合病院の中には、「救急指定病院」「回復期リハビリテーション病棟」など、より詳細な指定区分があります。診療所での診察で適切な診断を得たのちに、自分の病状に合った総合病院を紹介してもらうことがスムーズな治療に効果的だという考え方が広まっています。

ページTOPに戻る