豊中市/吹田市/摂津市(大阪府(大阪市以外))のケアマネージャーの求人・転職情報 | 全国トップへ

豊中市/吹田市/摂津市(大阪府(大阪市以外))のケアマネージャー 求人情報

1
【検索条件】
職種:ケアマネージャー
特定非営利活動法人 ライフサポートりぼん
大阪府(大阪市以外) ケアマネージャー
未経験歓迎 経験者優遇 研修制度有り 車・バイク通勤OK 交通費支給 昇給あり 賞与あり 残業月20時間以内 年間休日120日以上

吹田市|☆木の香りが心地よい☆こだわりの完全木造の事業所☆【年間休日120日】【平均勤続年数15年】ケアマネージャー(正社員) 主任ケアマネ歓迎

特定非営利活動法人 ライフサポートりぼん オススメ
給与: 月給
230,000円~

・試用期間中により月給を決定いたします

・昇給あり 年1回
・賞与あり 年2回
・交通費全額支給
・ガソリン代規定支給

・主任ケアマネ
 250,000円~

試用期間あり(月給 230,000円)
雇用形態: 正社員
勤務地: 大阪府吹田市山田東4-9-16

おすすめポイント|長く働きたくなる事業所です

〇木の香りが心地よいあたたかい雰囲気の事業所〇
〇10年以上勤務のスタッフ多数で安心〇
最初 Previous Next 最後

1件中、1~1件目を表示中

豊中市/吹田市/摂津市のエリア情報

大阪府豊中市は「豊能地域」、吹田市と摂津市は「三島地域」と呼ばれる地域に属しています。豊中市は中核市に指定されており、人口も府内4位の約40万人を有しています。北部は高級住宅街、南部は商工業地域で構成されています。交通面の利便性も高く、鉄道やバス高速道路や空港などあらゆる機関を利用しやすいのが特徴です。市内にあった「豊中グラウンド(豊中球場)」は、現在の全国高等学校野球選手権大会(甲子園)の第1回、第2回開催の地としても知られ現在は石碑が建てられています。他にも高校ラグビー、高校サッカー、高校アメリカンフットボールも発祥の地ともされています。吹田市も、中核市として扱われています。大阪市のベッドタウンでもあり、大阪市への通勤者が府内のエリアの中でも最も多いといわれています。「アサヒビール」の生産工場があり、同社でもここでしか製造していない「アサヒスタウト」などの銘柄も存在します。そのため「ビールの町」と呼ばれることもあります。また、1970年には、「日本万国博覧会」が開かれた土地としても有名です。当時累計で6,500万人近くの来場者がありました。現在では「万博記念公園」として整備され、自然文化施設、文化施設、スポーツ施設、レジャー施設と形を変えて、市民に親しまれる場となっています。摂津市は、大阪市の北東端、都心からも10㎞圏内という場所に位置しています。東海旅客鉄道(JR東海)の車両基地・車両工場である「鳥飼車両基地」も本市にあります。東海道・山陽新幹線の検査が行われています。他にも企業の工場が多くあります。「ダイキン工業」「塩野義製薬」「新聞印刷工場」「浅田給食」など幅広いジャンルの会社が製造の拠点としています。

ケアマネージャーは、介護サービス提供に関する計画書を作り、関係者との連携を図り、円滑にサービスを実現する仕事を行っています。
メインの仕事は、ケアプラン(サービス計画書)を作成することです。
ケアプランというのは、どのような介護サービスを受ければ、利用者が自立した生活が送れるようになるかを考えた、介護サービス計画書のことです。
介護サービスを受けるにはケアプランが必須であるため、ケアマネージャーはまさに介護保険サービスの要となります。
ケアプラン作成後も、ケアプランに沿ったサービスが実施されているかどうかをチェックしたり、市町村・サービス事業・施設、家族などとの連絡調整なども行います。
現在の日本は少子高齢化が進んでおり、ケアマネージャーの需要は高まり続けています。
「介護の業界に関心がある」「介護業界で長く仕事に携わりたい」と考える方は、ぜひ介護支援専門員の資格取得を目指してみましょう。

ケアマネージャー(介護支援専門員)とは、介護を必要とする方が介護保険サービスを受けられるように、ケアプランの作成やサービス事業者との調整を行う、介護保険に関するスペシャリストのことです。
大阪府内にもケアマネージャー(介護支援専門員)に関する数多くの求人が存在しており、特に、大阪府では、豊中市、東大阪市あたりの求人が人気です。
居宅介護支援事業所の増加率は、以前と比べると落ち着いていますが、ケアマネジャーの配置が義務付けられている介護保険施設やグループホームはどんどん増えており、超高齢化社会においてケアマネジャーの需要は高まっていると考えられます。
ケアマネージャーになるためには、「介護支援専門員」という資格を取得しなければいけません。
試験の受験資格は、指定業務を5年以上かつ900日以上経験することで得ることができます。
そして、試験に合格した後に研修を受講して修了し、ケアマネジャーとして登録され資格証の交付がなされると、ケアマネジャーとして勤務ができるようになります。
この介護支援専門員の試験は難易度が非常に高く、合格率は10%~20%前後で推移しています。例えば、令和3年(第24回)の合格率は、23.3%です。
試験の合格率が低い理由の一つとして、「受験資格が厳格化されたから」が挙げられます。
受験資格は2015年に見直しが行われ、経過措置後の2018年から現行の受験資格が適用されました。それによって、2018年度以降の受験者が大きく落ち込んだのです。
受験資格の厳格化によって、介護支援専門員資格の取得難度はさらに上がったといえるでしょう。
ただし、言い方を変えると「ライバルが減った」ということでもあります。
ケアマネージャーの需要は今後も減ることはないため、資格を取得できれば就職先に困ることはないでしょう。
医療・介護・福祉・保育bizでは、ケアマネージャー(介護支援専門員)に関する求人が多数掲載されています。
ご自身の希望に合わせた条件でより多くのお仕事を探すことができますので、絞り込み検索を活用し、希望に叶う就職先を見つけてみてください。
もちろん、福利厚生や年間休日を絞ることも可能です。

ページTOPに戻る